伐採や間伐の効率化と人手不足|業者の必要性と問題

住宅

植木の手入れでまっすぐに

植物

自宅の庭先に植木がある場合は、手入れを怠るとトラブルになります。枝が伸びると隣の敷地まで成長して迷惑をかけてしまいます。一人で手入れが無理だったら、伐採業者に依頼をするのが適切です。場合よって重機利用の可能性もあります。

More Detail

必要な間伐

カップル

間伐の歴史

間伐は樹木の成長にとって欠かせない作業です。 昔から人工林などで定期的に行われてきた歴史があります。 間伐作業は時代によって作業法が大きく変わってきた経緯があり現在では機械化が進んでいます。チェーンソーなどを利用して短時間で多くの木々を伐採・間伐することができ少人数でも行えるようになっています。チェーンソーなど機械化が進む前は大型の斧などを使って人力で伐採・間伐作業が行われていたため大変な労力と時間が必要でした。また間伐後の樹木の運びだし作業などにも多くの人手が必要で重労働になっていました。現在では間伐から運び出しまで機械や自動車などを利用するため少ない人数で作業することが可能で安全にも配慮された作業環境になっています。

災害予防のための間伐

森林の公益的な機能を高めるために間伐は欠かせません。間伐とはいわば樹木の間引きのことであり、木々が混み合っている森林では成長が悪く、二酸化炭素の吸収力も低下してしまうためで、結果的に土地が痩せてしまい、下草も生えず、根をしっかりと張ることもできなくなってしまうのです。 そのために、間伐を行なっていない森林では風雪被害を受けやすくなってしまいますし、土砂災害も起こりやすくなってしまいます。また、土壌で抱えることのできる水分も増加するために洪水を防ぐこともできるのです。 災害が多い日本において、間伐の推進が促されてはいるのですが、人手が足りていないために満足にできていないのが現状です。ですが、相次ぐ災害のために間伐が行政によって促進されているのも確かで、過去よりも大きな予算がつけられています。