草むしりで栄養確保|伐採や間伐の効率化と人手不足|業者の必要性と問題

伐採や間伐の効率化と人手不足|業者の必要性と問題

親子

草むしりで栄養確保

庭

庭に芝を植えることで庭が綺麗に見えたり、芝生の上で寝そべる事で気持ちいいなどの理由から芝を植える人が多いものです。 しかし、芝と言うのはきちんと手入れをしてあげないと雑草が伸びてしまったり枯れてしまうなど、折角の芝が台無しになってしまいます。 芝の手入れと言うのは芝刈りや水やり、草むしりや肥料などであり、これらを適切な時期に行う事で芝生の上で寝そべると言う醍醐味を味わえるのです。 芝刈りは専用の機械を使って行う事で綺麗な状態になりますが、芝刈りと言うのは芝を育てる中では最も重要と言われているのです。 尚、芝刈りは芝の成長に合わせてこまめに行う事が大切で、芝刈りを行う時期などを考慮して行う必要が有ります。

芝には高麗芝、西洋芝などの種類が有ります。 種類が異なる事で芝の成長も異なるのが特徴で、芝を育てる中でも重要とされるのが芝刈りです。 高麗芝は5月から9月にかけて成長が大きくなり、月に4回ほどの芝刈りが必要になります。 一方、西洋芝の場合は4月から6月までと10月から11月にかけて芝刈りを行う事で綺麗な芝生を育てる事が出来ると言います。 尚、芝刈りが出来ずに芝が長く伸びてしまった時は、一度にカットするのではなく徐々に短くする形で芝刈りを行う事がコツで、一気に切ってしまうと、軸刈りの状態となり、芝の緑が無くなってしまいます。 また、芝生は緑が魅力でもあるのですが、軸刈りをしてしまうと緑色の芝に戻すための時間が多くかかることになるので注意が必要です。